素人女性だからできること

浅はかだった考え

全ての風俗にあるジャンル「素人」
風俗始めちゃった時点で「素人」と呼ぶべきなのかどうか疑問に思う点もあるが、風俗初挑戦を考慮すると今までは「素人」ということなんだろう。
これほど線引きが難しいジャンルが他にあるだろうか。
今回はそんな素人風俗だからこその魅力を思う存分語らせていただきたい。

今まで私は素人に限らず風俗を利用するときは性欲の解消だけを考え、あわよくば本番したい!セフレになりたい!と
風俗嬢から嫌われる典型的な客そのものだった。
狙った子を指名してもあまり喜ばれない。というかイヤな顔をされる
会話もするが「そろそろ本名教えてよ~」「たまにはご飯行かない?」と口説くことばかり・・・
このコラムを書き始めてから「俺ってめちゃめちゃイヤな客じゃん」って思ったよ。
そこからは自分だけじゃなくて相手も楽しめるような会話を心がけたり、プライベートを散策しないとか
性欲解消だけを考えるのを止めた。
これが素人風俗の魅力に気づくきっかけだった。

風俗に自然体

人妻系や熟女系、ギャル系などいろいろ利用する中で1番楽しいのが素人だった。
それはなんでなんだろうと考えたとき気付いたのが【自然体】
会話をしていると普通の女の子と話しているとしか思えないような感覚
他のジャンルの人も楽しかったんだけどやっぱり業務的な印象を受ける
他の人は「仕事休み?」とか「よく遊ぶの?」とかだけど
素人系の人は「今日学校でねこんなことがあってね」とか「私の友達にね」とかそんな感じ
きっとそんな会話が風俗感を消してくれるんだと思う

この自然体が生むのが【疑似恋愛】
風俗プレイに自然な会話がプラスされると、相手が本当のパートナーに思えてくるから不思議だ
彼女とラブホテルでリラックスするあの気分
そんな気分になれるジャンルが他にあるだろうか
確かに料金のやりとりはある。風俗を利用していることに変わりはない
それが分かっていても不思議と気持ちが和らぎ楽しい時間を過ごせるのが素人風俗のすごいところだ

素人女性ならでは

この【自然体】と【疑似恋愛】が生まれる理由。
それは働いている素人女性だからこそだと思う。
慣れている女性だったらこの2つは生まれない
純粋だからこそ生まれる貴重な魅力
この魅力が理解できたとき、素人風俗の良さがさらに増すのではないだろうか